マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)再就職におすすめ

再就職におすすめ

パソコンスキルを客観的に証明する資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは、マイクロソフトオフィスに含まれているWordやExcelなどの利用スキルを、マイクロソフト社が資格認定する制度です。パソコンスキルはなかなか証明しづらいものですが、資格を取得していることでスキルを客観的に証明します。

主婦におすすめのポイント

主婦の再就職のアピールとして最適!

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)イメージ

パソコンスキルは社会人としての必須スキル。事務職はもちろん、多くの仕事でWordやExcelを使う機会は多くあります。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はそんなオフィスソフトの利用スキルを客観的に証明できるので、履歴書に書いて再就職時のパソコンスキルのアピールになります。さらに世界的に行なわれている資格試験なので、スキルは世界で通用するといえます。

業務に直結したスキルが身につく!

ただ資格を取得するだけでなく、学んだ内容はそのまま実務で利用できます。自身の業務効率の大幅UPも可能で、自身のスキルアップ、社内での評価UPにもつながります。 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は多数の企業で社員教育としても導入されているので、多くの企業でスキルアップを目的に推奨されていることがわかります。

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS) を取得するには?

疑問点があった時にすぐに先生に質問できる環境での勉強がおすすめです。 試験は毎月1〜2回あり、オンライン申し込みも可能な全国一斉模試と、最寄りの試験会場で受験ができる随時試験があり、WordとExcelはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級レベル)の2種類の科目が用意されています。その他PowerPoint、Access、Outlookの試験もあります。

 

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)資格取得モデルケース

プロフィール・家族構成 35歳・子ども4歳・在宅ワーク
資格取得方法 通信講座
費用 入学金:0円
受講料:35,000円(税込)
勉強時間・受講期間目安 平日の夜1~1.5時間ほどの学習時間で1ヶ月半で修了。
資格取得までの流れ

妊娠を機に勤めていたOA機器メーカーを退職後、在宅ワーカーとして入力や資料作成の仕事を請け負い、現在も継続中。子どもが幼稚園にあがり少し落ち着いてきたので、自宅近くで事務のパートを探そうと思っていたところ、MOSという資格を知り勉強することに。

在宅の仕事も続けながら、1日1~1.5時間ほどの勉強時間を作り1ヶ月半ほどで講座を修了。2013WordとExcelのスペシャリストを取得しました。

MOSを取得したことで自分のPCスキルを証明することができ、週3日1日4時間ほどの事務のパートに就くことができました。

おすすめスクール紹介

パソコンスクール アビバ(全国)

実践的なスキルが習得でき、就職・転職活動のアピールにもなるMicrosoft Office Specialist(MOS)。アビバでは多くの方がMOS試験を受験されており、年間受験者数は6年連続業界No.1。
当社独自のノウハウをもとに、ICT資格を有するインストラクターが直接指導。初心者から経験者まで、徹底的にサポートします。

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)の資料請求なら

ブラッシュアップ学び

複数の学校を検討したい時や、まずはパンフレットを見てみたい方は、一括で資料請求ができるBrushUP学びがおすすめです。無料で希望スクールの資料請求が可能です。

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)に関連したコラム

再就職におすすめの資格

主婦×資格の特集


主婦資格ナビ > おすすめの資格>マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)
タイトルとURLをコピーしました