比較的簡単に取れる資格は?国家資格や主婦やママにおすすめの資格も紹介

比較的簡単に取れる資格は?

忙しい主婦やママも!

チャレンジしやすい難易度低めの資格スキル

スキルアップやキャリアチェンジを見据え、資格取得にチャレンジしたいと考えている人もいるのではないでしょうか? とはいえ、家事や育児に忙しくて勉強時間を十分に確保するのは、なかなか難しいですよね。今回は、忙しい主婦やママにおすすめの比較的簡単に取れる資格をセレクトしました。それぞれの資格を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

簡単に取得できる資格の基準とは?

簡単に取得できる資格といっても、どのような基準で簡単と判断しているのかわかりませんよね。ここでは、簡単に取得できる資格の基準を紹介します。自身の目標やニーズに合わせて、資格を見つけるためのヒントにしてください。

受験資格がない

一般的に公認会計士や弁護士などの難易度が高い資格は、受験資格が設けられています。しかし、誰でも受験できる資格ならハードルが下がります。

学ぶ内容が優しい

一般的に学習内容が比較的簡単であれば、大学や専門学校、スクールに通わなくてもチャレンジしやすいですよね。

短期間で取得できる

数週間から数ヶ月で取得できる資格は、忙しい主婦やママにとって魅力的ですね。

教科書を利用して受験できる

簡単に取得できる資格の場合、教科書や参考書を利用して自分のペースで学習を進めることが可能です。

講座を修了すれば確実に資格が取れる

メンタルケアカウンセラーや食品衛生責任者は、指定の講座を受講終了すれば資格が取得できます。

合格率が高い

簡単な資格は試験内容が比較的容易なため、一般的に合格率が高い傾向があります。

比較的簡単に取得できるおすすめ国家資格

ここでは、手軽に挑戦できる国家資格を2つ取りあげました。それぞれの資格の特徴、簡単に取得できる理由、資格取得のプロセスをわかりやすく解説しています。難易度の低い国家資格が知りたい人には必見です。

ITパスポート

IT
IT業界やITに関連する職種に就くための最初のステップとして、国内外で広く認知されている資格です。

ITパスポートとは

ITパスポートは、情報技術の基礎知識を示す国家資格です。ITに関する基本的な用語や概念、技術、ツールなどを理解していることが証明できます。そのため、エンジニアに限らず、営業職や事務職の人でもデータ管理やセキュリティ対策などの業務で活用できます。

ITパスポートが比較的簡単に取得できる理由

ITパスポートは高度な技術や専門知識を必要としないため、比較的簡単に取得できるといわれています。参考書やオンラインコースなどの学習資料も豊富です。さらに、ITに関する基礎知識は日常生活や仕事で頻繁に触れる機会があるため、数ヶ月の学習や独学で取得可能。合格率が高く、受験者にとって比較的ハードルが低い資格です。

ITパスポートの資格をとるには?

資格試験は専門の試験センターでおこなわれ、試験日は毎月1〜4日設けられています。日程は試験センターによって異なるため、お住まいの地域の会場で試験日を確認してください。なお、試験を受けるための受験資格はありません。試験はコンピュータを利用したCBT方式で、1000点満点中600点以上取ると資格が得られます。

ITパスポートの資格取得を目指せる!おすすめスクール

▼資格スクール大栄(通信・全国)
一般平均合格率の1.5倍の実績! 「通学」・「オンライン」が選べる!
スクールホームページへ
▼ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
eラーニング講座で時間を効率的に活用◎最短、約2週間で受講修了!
スクールホームページへ

FP3級

FP
FP3級とは、ファイナンシャルプランナー技能検定試験のなかで最初に挑戦する初級レベルの資格です。

FP3級とは

FP3級を取得すると、個人の財務計画や資産運用に関する、基本的な知識やスキルが証明できます。相談者のライフスタイルや家族構成、価値観、経済状況など、さまざまな側面から長期的かつ総合的な視点でアドバイスを実施。経済や税金、保険など幅広い知識を持つため、金融業界や相談業務などの仕事にも役立ちます。

FP3級が比較的簡単に取得できる理由

FP3級は金融資格のなかでも最初のステップに位置しているため、2級や1級のように高度な専門知識や複雑な計算技術を必要としません。また、社会保険や年金制度など生活するなかで身近な分野が多いため、学習内容が理解しやすいのも特徴です。暗記問題が多く参考書や動画配信でも勉強できるので、数ヶ月の学習期間があれば専門的な経験がない人でも取得しやすい資格です。

FP3級の資格をとるには?

FP3級の資格は、学科と実技両方の試験に合格すると取得できます。試験は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」がそれぞれおこなっており、どちらを選んでも違いはありません。なお、2024年4月からCBT試験へ移行したため、試験センターで開催されている日であればいつでも受験できるようになりました。試験日程は会場によって異なるため、お住まいの近くの試験センターで確認しましょう。

FPの資格取得を目指せる!おすすめスクール

▼資格合格を目指すならクレアール/通信(通信)
クレアールなら合格に必要な範囲だけを勉強するから最短&一発で合格が目指せる!
スクールホームページへ
▼大栄のオンライン講座(通信)
3つのサポートであなたの自宅が教室に
スクールホームページへ
▼資格講座メダリストクラブ(通信、通学/関東)
実務経験豊かな講師陣が合格へと導きます!
スクールホームページへ
▼資格スクール大栄(通学/全国)
試験合格に絶対の自信!資格スクール大栄でキャリアを切り拓く
スクールホームページへ

>>FPについてさらに詳しく

主婦やママにおすすめの簡単に取得できる資格

比較的簡単に取得できる資格のなかでも、特に主婦やママにおすすめの資格を8つ取りあげました。
生活に身近な分野で、理解しやすい学習内容になっています。再就職はもちろん、スキルアップや趣味として学びたい人にもおすすめです。ぜひ参考にしてくださいね。

食育

食育
食育の資格は、食育実践プランナー、食育インストラクター、食育アドバイザーなど、いくつか存在します。

食育とは

食に関する正しい知識や食生活の改善を促すための教育活動のことを「食育」といいます。食育は子どもから大人まで幅広い世代に対しておこなわれ、食の重要性を理解し、健康的な食生活を送るための基盤を築くことを目的としています。食育にはさまざまなアプローチがありますが、家庭内での子どもへの指導にも役立ちます。

食育資格が比較的簡単に取得できる理由

食に関する基本的な知識や食生活のアドバイスなどが試験内容となるため、どの資格も勉強しやすく、比較的簡単に取得できます。また、学習教材や講座が豊富にあり、独学や短期間の講座受講で合格が可能です。

食育の資格をとるには?

食育の資格は、民間の団体がそれぞれに資格を設定しています。カリキュラムや試験内容もさまざまであり、申し込み方法や試験会場などは各団体のWebサイトで確認する必要があります。試験をクリアすると食育の資格を取得でき、地域や学校、企業などでの食育活動や食品関連の業務など、さまざまな分野で活躍できます。

食育のスキル取得を目指せる!おすすめスクール

▼がくぶん(通信)
食育インストラクター資格を在宅で取得
スクールホームページへ
▼東京カルチャーセンター(通信)
離乳食・幼児食の基礎から実践まで身につく!
スクールホームページへ

>>食育についてさらに詳しく

心理系資格

心理カウンセラー
心理系資格とは、心理学や心理カウンセリングなどの領域で専門的なスキルと知識を証明できる資格です。

心理系資格とは

心理系の資格にはさまざまな種類があり、内容や取得に必要な条件は資格ごとに異なります。
例えば、心理学の基礎知識が問われる「メンタルケアカウンセラー」や「メンタルヘルス・マネジメント検定」、高度な専門資格だと「公認心理師」や「臨床心理士」などがあります。ストレス社会といわれる現代では、需要の高い分野といえるでしょう。

心理系資格が比較的簡単に取得できる理由

心理系の資格には入門レベルから難関資格までさまざまな種類があります。そのため、心理学の基本的な理論や手法を学べる資格を選ぶことで、種類によっては比較的簡単に取得が可能です。
また、心理系資格の試験内容は実務に即しているものが多く、日常生活や実務経験からの知識や技能を活かせる場面があります。入門レベルの資格は合格率が比較的高くなります。

心理系資格の資格をとるには?

心理系の資格はそれぞれ管轄している団体が異なるため、まず目指す資格を明確にし、各試験機関のWebサイトを確認しましょう。例えばメンタルヘルス・マネジメント検定は、受験資格がなく、年2回実施されている検定試験に合格すれば資格が取得できます。また、メンタルケアカウンセラーは試験がなく、4回の添削課題を一定のレベルでクリアすると資格が得られます。

心理カウンセラーの資格取得を目指せる!おすすめスクール

▼TERADA医療福祉カレッジ(通信)
文部科学省後援の資格などさまざまな心理系資格が目指せる
スクールホームページへ
▼ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
最短6ヶ月でメンタルケアのスペシャリストになる2つの資格取得を目指す
スクールホームページへ
▼がくぶん(通信)
心のケアを施すメンタルケア資格を自宅で短期取得!
スクールホームページへ
▼ヒューマンアカデミー/通学(通学/全国)
カウンセラーに必要な資格が7種類以上取得可能
スクールホームページへ
▼リカレント メンタルヘルススクール(通学/東北、関東、東海、関西)
EAP(従業員支援プログラム)の知識を併せもつ「メンタルケアのスペシャリスト」を目指せる
スクールホームページへ

>>心理カウンセラーについてさらに詳しく

医療事務

医療事務
医療事務は、医療機関で円滑な運営や患者のサポートをし、サービスの質の向上に貢献する仕事です。

医療事務とは

医療事務とは、医療機関での事務業務を担当する職種です。業務内容は多岐に渡り、患者の受付や案内、診療予約の管理、診療費の計算や請求、健康保険や医療費助成制度の手続き、医療記録の管理などをおこないます。特に、患者の診療内容や処方箋に基づいて医療費を計算し、保険請求や患者への料金請求をおこなう業務は、専門性が問われます。

医療事務が比較的簡単に取得できる理由

医療事務の仕事は医学知識や技術を必要とせず、主に事務処理やコミュニケーション能力が求められます。高度な専門知識や技術を身につける必要がないため、資格取得が比較的容易です。また、医療事務の資格取得には特別な学歴や業務経験が必要ないため、誰でもチャレンジしやすい環境が整っているのも理由の1つです。

医療事務の資格をとるには?

医療事務の資格は多くの種類がありますが、仕事内容はほとんど変わりません。なかでも、「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」は、特にメジャーな資格です。試験は毎月実施されており、各都道府県指定の会場で受験できます。特別な受験資格はなく、試験に合格すると資格が得られます。試験の傾向や対策を把握するために、模擬試験や過去問題を解くことが重要です。

医療事務の資格取得を目指せる!おすすめスクール

▼日本医療事務協会(通信、通学/全国)
実際のお仕事のフローに沿って学習できる医療事務講座!
スクールホームページへ
▼ニチイ(通信、通学/全国)
80万人以上の修了生を輩出する圧倒的な実績!無料の学習サポートも充実!
スクールホームページへ
▼ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
スマホ学習で完結もできる!最短3ヶ月で資格取得
スクールホームページへ
▼資格スクール大栄(全国)
資格取得と就業サポートで「学ぶ」と「働く」をWで目指す!
スクールホームページへ

>>医療事務についてさらに詳しく

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修
介護職員初任者研修は、高齢者や障がい者など、支援が必要な人々の日常生活および健康管理をサポートする仕事です。

介護職員初任者研修とは

介護初任者研修は、介護職として働くために必要な知識や技術を習得するための教育プログラムおよび資格です。まず介護の基本的な理論や倫理、法律に関する知識を学び、併せて健康管理や感染予防、身体介助、生活援助などの実践的な技術も習得します。例えば、利用者の入浴や食事の介助、移動支援など、日常生活に密接に関わるケアスキルなどが身に付けられます。

介護職員初任者研修が比較的簡単に取得できる理由

介護初任者研修は介護職の最初のステップとして位置付けられており、未経験者でもチャレンジ可能。また、実務経験のない人でも介護の基本的なスキルを身につけられるようにカリキュラムが組まれているのも特徴です。さらに実務経験や研修を通じて身につけた知識や技術をもとにした問題が出題されるため、合格率が高い傾向にあります。

介護職員初任者研修の資格をとるには?

資格を取得するためには、まず介護職養成施設やスクールなどで介護初任者研修を受講しましょう。研修期間は、一般的に数週間から数ヶ月です。そして、実務研修や授業を通じて、介護の基本的な知識や技術を習得したのち、介護初任者研修の試験を受けられます。筆記と実技の試験に合格すると「介護初任者研修修了証」が発行され、介護職としてのキャリアがスタートできます。

介護職員初任者研修を開講しているおすすめスクール

▼三幸福祉カレッジ(通信・通学/全国)
受講生満足度93.3%!最短1か月で資格取得と就職が目指せる初任者講座
スクールホームページへ

▼ニチイ(通信・通学/全国)
教室は全国に約300ヵ所!介護サービス大手のニチイが資格も就職もサポート!
スクールホームページへ

▼ベネッセ介護職員初任者研修(通学/全国)
受講料キャッシュバックもあり!安心の就業サポート
スクールホームページへ

介護職員初任者研修が一括資料請求ができるBrushUP学びへ

>>介護職の資料請求はこちら

簿記3級

簿記
経理や財務に関する基礎知識を身につけたい人にぴったりな資格です。

簿記3級とは

簿記3級とは、簿記の基礎知識と基本的な会計処理やスキルを証明する資格です。日本商工会議所が主催する簿記検定試験のなかで本的なレベルで、企業や個人事業主が日常的におこなう経理業務に必要な知識を身につけられます。簿記3級では、仕訳帳や総勘定元帳の記入方法、貸借対照表や損益計算書の作成方法など、会計の基礎を学びます。

簿記3級が比較的簡単に取得できる理由

簿記3級は、試験範囲が主に日常的な取引や経理処理に関するものであり、実務経験がなくても短期間で理解しやすい内容です。また、学習教材や試験対策のための書籍が豊富にそろっており、独学でも十分に試験対策ができるのも特徴。独学が不安な場合は、通信講座やオンライン学習も可能です。CBT試験は各試験会場でほぼ毎日実施されているため、受験のハードルが低いのも容易に資格が取れる理由の1つです。

簿記3級の資格をとるには?

簿記3級を取得するためには、まず日本商工会議所が主催する簿記検定試験に申し込みます。試験は各商工会議所で年に3回(2月、6月、11月)実施されており、CBT試験は試験会場が開催している日であればいつでも受験可能です。Ⅽ100点満点中70点で合格、資格が取得できます。

簿記の資格取得を目指せる!おすすめスクール

▼ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
試験の頻出ポイントをバランスよく学習
スクールホームページへ
▼大栄のオンライン講座(通信)
通学と変わらないサポートをあなたに!
スクールホームページへ
▼資格合格を目指すならクレアール/通信(通信)
クレアールなら合格に必要な範囲だけを勉強するから最短&一発で合格が目指せる!
スクールホームページへ
▼資格スクール大栄(全国)
簿記試験合格に必要なものをすべて取り揃えた講座ラインナップ
スクールホームページへ

>>簿記についてさらに詳しく

アロマテラピー検定


アロマテラピー検定は、アロマセラピーの基本的な知識を身につけ、日常生活や健康管理に役立てることを目的としています。

アロマテラピー検定とは

アロマテラピー検定は、日本アロマ環境協会(AEAJ)が主催する、アロマセラピーに関する知識と技術を評価するための検定試験です。アロマはリラックスやストレス解消の効果が期待されているため、趣味として学び始めても、仕事につなげられるメリットもあります。

アロマテラピー検定が比較的簡単に取得できる理由

アロマテラピー検定は公式テキストが用意されており、試験に出題される内容が網羅されています。そのため、テキストをしっかりと学習すれば高い確率で合格できます。また、試験は2級と1級の2段階に分かれているため、難易度の低い2級からチャレンジできることも比較的簡単に取得できる理由の1つです。

アロマテラピー検定の資格をとるには?

アロマテラピー検定の資格を取るためには、まず「日本アロマ環境協会」のWebサイトから試験に申し込み、合格する必要があります。試験では、2級はアロマセラピーの基礎知識と精油(エッセンシャルオイル)の基本的な使用方法、1級はさらに深い知識と応用力が問われます。試験は年に2回(5月と11月)実施されており、全国各地の会場で試験を受けることが可能です。

アロマテラピーの資格取得を目指せる!おすすめスクール

▼ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー【通学/関西】
サロン運営、医療機関へのセラピスト派遣等の実績が証明する学びのクオリティ
スクールホームページへ

>>>アロマテラピーについて詳しく見る

色彩検定3級

Webデザイン
色彩検定3級を取得すれば、デザインやファッション、インテリア、美術などの分野で活躍するための能力を養うことができます。

色彩検定3級とは

色彩検定3級は、色に関する基礎知識を学び、日常生活や仕事に活かすための文部科学省公認の資格です。「色彩検定協会」が主催しており、色彩の基礎理論、色の見え方や組み合わせ、配色の基本など、色彩に関する基本的なスキルを身につけられます。

色彩検定3級が比較的簡単に取得できる理由

色彩検定3級の試験範囲は、色彩の基本的な理論や歴史、色の見え方、色の心理的効果など、日常生活や仕事で役立つ基本的な内容が中心です。また、公式テキストや参考書が充実しているだけでなく、マークシート形式の試験になるため比較的簡単に取得できる資格といわれています。さらに、色彩検定3級の試験は年に2回実施されており、受験の機会が多いことも取得のしやすさにつながっています。

色彩検定3級の資格をとるには?

色彩検定3級の資格を取得するためには、毎年6月と11月に全国各地で実施されている検定試験に合格する必要があります。色彩検定協会のWebサイトから検定試験に申し込み、お近くの試験会場で受験します。試験対策は、公式テキスト「色彩検定公式テキスト3級」を購入し、テキストに基づいて学習を進めるのが効率的です。

色彩検定の資格取得が目指せる!おすすめスクール

▼ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
効率的に学習して色彩検定3級・2級W合格を目指す
スクールホームページへ

ペット関連資格

ペット
主にペットの飼い主やペット業界で働く人を対象にしており、代表的なペット関連資格には、ペットシッター士、ドッグトレーナー、ペット栄養管理士などがあります。

ペット関連資格とは

ペット関連資格とは、ペットの健康管理、飼育方法、トレーニングなどに関する専門知識を示すための資格です。これらの資格を取得すると、飼い主や顧客からの信頼が高まるといわれています。

ペット関連資格が比較的簡単に取得できる理由

多くのペット関連資格は入門レベルの知識や技術を対象としているため、初心者やペット愛好者でも比較的短期間で資格取得を目指すことが可能です。また、オンラインコースや通信講座が充実しており、自分のペースで学習できる環境が整っています。仕事や家庭の都合に合わせて柔軟に学習時間を確保できるため、資格取得のハードルが下がるといわれています。

ペット関連資格の資格をとるには?

ペット関連資格を取得するためには、まず自分が目指す資格の種類を明確にしましょう。そして、多くの資格は講座や通信教育の受講から始まります。例えば、ペットシッター士は「通学」「通信講座」「カルチャー講習」の3通りがあり、講座を修了してから試験を受けます。試験に合格すると資格認定がおこなわれ、正式に資格が取得できるのです。

ペットケアが学べる!おすすめスクール

▼ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
ドッグシッター、トリマーなど幅広い講座ラインナップ!
スクールホームページへ
▼がくぶん(通信)
「ペット介護士」の資格を認定!正しくケアする技能を習得
スクールホームページへ

>>>ペットケアについて詳しく見る

編集部取得体験談

ここでは、編集部が取得した資格について経験談をご紹介します。資格選びの参考にしてくださいね。

色彩検定はさまざまなことに役立つ!

Webデザインの仕事をしたいと考え、配色について学ぶために色彩検定を勉強しました。
学習期間は2〜3ヶ月ほどで独学で合格できました。
色についてさまざまな角度から学べたことで、Webデザインやバナーデザインなどの配色に迷わなくなったり、資料で見やすくするための配色などにも役立ちました。それだけでなく、ファッションやインテリアなどプライベートにもとても役立ちました。

アロマを正しく使えるように!

アロマが好きでいろいろと作ってみたいと考えていましたが、せっかくなら正しい知識を身につけたいと考えアロマテラピー検定を受験しようと思いました。
学習期間は2〜3ヶ月ほどで通信講座を使用して合格できました。
好きなことということもあり、勉強は常に楽しく、バスソルトやルームスプレーなどを作ったり、アロマの効能に合わせて芳香浴を楽しんだり、学べてよかったと感じています。
通信講座の教材は試験後も使えるものなので、初心者の方は特におすすめです。

その他、編集部が持っている資格はインスタグラムのコンテンツもぜひチェックしてみてくださいね。
>>Instagramの投稿をみる

主婦資格ナビ > コラム > 比較的簡単に取れる資格は?国家資格や主婦やママにおすすめの資格も紹介
タイトルとURLをコピーしました