主婦やママが家でできるおすすめの仕事11選!メリットや注意点も紹介

主婦やママが家でできるおすすめの仕事

家族のためにも、おうちで働きたい!

簡単な仕事から専門的な仕事まで!家でできる仕事まとめ

「家庭と両立して無理なく働きたい」、「子どもが帰ってくる時間には家にいてあげたい」など、プライベートを重視できる仕事に就きたいと感じている方も多いのではないでしょうか。そんなときは、家でできる仕事がおすすめ。子どもの体調不良や長期休みでも、フレキシブルに働くことができます。
今回は「家でできる仕事11選」をご紹介します。ぜひ仕事選びの参考にしてくださいね。
※本ページはプロモーションが含まれています

主婦やママが家でできる仕事の種類

新型コロナウイルスの影響により、在宅でできる仕事が増えてきました。それにともない、主婦やママが家でできる仕事も増加傾向にあり、お小遣い稼ぎ程度のものから、本業レベルになる高収入のものまでさまざまです。
在宅での働き方は大きく2つに分けられます。「個人事業主やフリーランス」と「企業に雇われる」働き方で、ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

個人事業主・フリーランスとして個人で働く

フリーランスとは、会社に雇われず、個人で企業や個人から仕事を請け負う働き方です。「請負契約」や「委任契約」があります。
メリットには「好きな仕事ができる」、「仕事量を自分で決められる」などがあります。スキルは必要になりますが、実力次第で収入アップも見込めます。デメリットは毎月の収入が安定しにくいことです。仕事がいつでもあるわけではないので、案件は自分で獲得しなわなければなりません。
時間に縛られない自由な働き方を求める方にはおすすめの働き方といえるでしょう。

企業に雇われて働く

企業に雇われて働く場合は、正社員や派遣社員、パート勤務などの雇用形態があります。
雇われて働くことのメリットは、仕事の内容や量に左右されず、毎月安定した収入が得られることです。労働時間など条件が合えば、社会保険に加入できます。デメリットは、就業時間や会議など拘束時間があることです。フレックスやコアタイムなどの制度もありますが、会社によって異なります。また、会社の体制や業務内容によっては在宅勤務が難しいことがあるでしょう。

難易度低め!簡単に家でできる仕事

まだそんなに長時間働くつもりもなく、「わたしにもできる在宅の仕事はある?」と思っている方もいるかもしれません。在宅でできる仕事はさまざまあり、パソコンがなくてもできる仕事もあります。まずはどのような仕事があるのか、求人サイトなどをみることから始めてみるといいでしょう。
ここでは、簡単におうちでできる仕事を紹介します。

アンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートに回答して報酬を得る仕事です。アンケートの種類はさまざまで、Webで回答するものや会場に足を運ぶもの、座談会やインタビュー、届いた商品をレビューするものなどがあります。人気がある内容や高単価の案件は募集がすぐに終了してしまうため、こまめに案件をチェックする、または複数の求人サイトなどに登録しておくといいでしょう。

報酬の目安
月に20,000円程度



ポイントサイト

ポイントサイトの仕事は、ポイントサイトを経由して買い物をしたり、動画を見たり、広告をクリックすることで報酬を得ます。クレジットカードの申し込みや投資・保険の相談などは、報酬が高額になります。報酬はポイントで付与されることが一般的で、銀行口座に振り込んでもらうことで換金したり、ギフトカードや電子マネーへ交換したりできます。

報酬の目安
月に10,000円未満

データ入力

データ入力とは、紙などの資料に書かれている内容をWordやExcel、専用のアプリなどに入力する仕事です。パソコンやインターネット環境があれば、始めやすいでしょう。タイピングスキルがあると、効率的に作業できるため時間単価が上がりやすくなります。

報酬の目安
時給:1,000円程度/出来高制:1件あたり100〜300円

これらの仕事は特別なスキルがいらないことから、比較的簡単に始められる点がメリットです。
しかし、高単価の案件が少ないため、毎月の収入はお小遣い程度になるでしょう。収入を上げたい場合は、スキルを身につけて収入アップを目指すのがおすすめです。

家でできる長く稼げるおすすめの仕事

家でできる長く稼げるおすすめの仕事

家でできる仕事といっても、体を動かすものから事務作業まで、いろいろな種類があります。必要なパソコンのスペックも仕事の内容によってさまざまです。また、専門的なスキルを身につけることで、高単価な仕事にチャレンジしやすくなります。得意や好きを活かして、自分にぴったりの仕事を見つけられるといいですね。

Webライター

Webライターとは、Web上のニュースサイトや企業のサイトの記事を執筆する仕事です。ホームページのコラムやブログを代筆する案件もあります。ホームページは多くの企業が開設しており、集客の手段として記事を公開する企業も多くいるため、需要はこれからも増えていくでしょう。

報酬の目安
1文字1円程度〜

Webライターの仕事の見つけ方

Webライターの仕事を見つけるには「求人サイトで探す」、「好きなWebメディアの求人情報を見る」、「クラウドソーシングサイトで探す」などの方法があります。得意なジャンルのある方は「ライター募集美容」など、ジャンルを絞って案件を探すのもいいでしょう。案件に応募する際は、ポートフォリオとして3,000文字程度の執筆した記事を添付するのがおすすめです。

Webライターになるには?

主に「企業に就職する」、「フリーランスで活動する」の2通りあります。Webライターは学歴や特別な資格が必要なく、パソコンとインターネット回線があれば、チャレンジしやすいでしょう。パソコンも、高スペックなものは必要ありません。まずはクラウドソーシングサイトなどで「未経験OK」の案件に応募してみるのがおすすめです。

Webライティングが学べるおすすめスクール

ライティングスキルと併せてクラウドソーシングのビジネスマナーも学べる!
>>ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
卒業生の80%がWeb業界でプロとして活躍!
>>デジハリ・オンラインスクール(通信)

Webライターをくわしく知る

Webデザイナー

Webデザイナーとは、企業や個人店のWebサイトやページを作る仕事です。Webデザイナーといっても、画像制作を得意とするデザイナーや、コーディングを得意とするデザイナーもいます。また、クライアントが希望するWebサイトを作るためには、Webマーケティングや競合サイトの分析、サイト設計などさまざまなスキルが求められます。

報酬の目安
時給3,000円程度

Webデザイナーの仕事の見つけ方

Webデザイナーの仕事は、「クラウドソーシングサイト」や「アルバイト情報サイト」などで見つける方法が一般的です。「知人からの紹介」や「通っていたWebデザインスクールからの紹介」などもあります。まずは、自分のポートフォリオサイトを作ってアピールできるスキルを可視化し、案件にどんどん応募していきましょう。

Webデザイナーになるには?

Webデザイナーは特別な資格や学歴が必要なく、スキルがあれば誰でもなることが可能です。Web制作の会社へ就職すると、仕事をしながらさまざまなスキルを身につけることができます。また、大学や専門学校で学んだり、書籍やオンライン講座で学んだりする方法もあります。最近はYouTubeでもWebサイトの作り方が公開されているので、まずは動画を見てイメージをつかむことから始めてみるのもよいかもしれませんね。

Webデザインが学べるおすすめスクール

受講料の一部が戻る!教育訓練給付制度対象講座あり
>>ヒューマンアカデミー/通学(通学/全国)
受講前~受講中も随時カウンセリングを実施!モチベーション維持しやすい
>>パソコンスクール アビバ(通信・通学/全国)

Webデザイナーをくわしく知る

動画編集

動画編集は、映像素材を編集してクライアントの希望する動画を作成する仕事です。映像や音声をカットして編集する技術、効果や遷移を加える、特殊なエフェクトを適用する能力など、さまざまなスキルが求められます。さらに、音楽や音声の編集、カラーグレーディング(色調補正)、テキストやグラフィックの追加などもできると、完成度の高い動画を作ることができます。

報酬の目安
動画1本5,000円〜

動画編集の仕事の見つけ方

動画編集の仕事を見つけるには、「制作会社に就職する」か「クラウドソーシングサイトで案件に応募する」方法が一般的です。SNSで募集していることもあるため、こまめにチェックしてみるといいでしょう。また、ポートフォリオとして2〜3分程度の自作動画を準備しておくのがおすすめです。採用側もスキルを客観的に評価しやすくなるため、採用率が上がりやすくなります。

動画編集者になるには?

動画編集は技術が体系化されているため、独学でもスキルを身につけることができます。まずは、参考書やYoutubeで学んでみるといいでしょう。また、動画編集には高いスペックのパソコンが必要になります。どの程度のスペックが必要か、事前にしっかり調べておくとよいでしょう。

動画編集が学べるおすすめスクール

半年で案件を受注できるスキルを身につける!
>>デジハリ・オンラインスクール(通信)
受講料の一部が戻る!教育訓練給付制度対象講座あり
>>ヒューマンアカデミー/通学(通学/全国)

動画編集をくわしく知る

翻訳

翻訳とは、ある言語から他の言語へ文章を変換する仕事です。近年のグローバル化で注目されており、特に英語、中国語、フランス語の需要が高まっています。翻訳の仕事は、大きく実務翻訳、出版翻訳、映像翻訳、Webサイト翻訳の4つに分かれます。実務翻訳以外は、パソコンがあれば家でできるため仕事として魅力的です。

報酬の目安
1案件500〜1,000円程度

翻訳の仕事の見つけ方

翻訳の仕事に就くには「翻訳会社に就職する」、フリーランスなら「翻訳会社に登録して案件を探す」のがおすすめです。語学以外にも医療や金融、法律などの専門知識のある方は、仕事の幅が広がり、高単価な仕事にもチャレンジしやすくなります。未経験の場合は、まずは比較的難易度の低い「和訳の案件」から応募するといいでしょう。

翻訳家になるには

翻訳家になるには、特別な学歴や資格は必要ありません。しかし、一定レベル以上の語学力が問われるため、日本語と目標言語の両方を深く理解し、読み書きや会話のスキルを高めることが大切です。また、翻訳には特定の技術が必要になるため、翻訳学校や教材などで技術を磨いていきましょう。客観的に言語スキルを証明できる「TOEIC」などの試験を受けることもおすすめです。

翻訳が学べるおすすめスクール

映像翻訳の専門スク―ル!短期間でプロのスキルを学べる
>>映像翻訳スクール ワイズ・インフィニティ(通信・通学/関東、関西、東海)

翻訳をくわしく知る

プログラマー

プログラマーとは、システムやソフトウェアを作る仕事です。システムエンジニアが作った設計に基づいて、コーディングをおこないます。プログラム言語を用いてコンピュータを動かし、実装・運用するうえでシステムのバグを発見するのもプログラマーの役割です。IT技術の進化にともない需要が高まっています。「Web系」や「組み込み、制御系」をはじめ8つの分野で活躍が期待できます。

報酬の目安
月20万円〜

プログラマーの仕事の見つけ方

プログラマーの仕事は、フリーランスエージェントで探すのがおすすめです。また、IT分野に特化した求人サイトやクラウドソーシングサイトにも案件の募集があります。自分で営業活動をしたい方は、SNSを利用したり、ホームページのお問い合わせフォームから売り込んだりするのもいいでしょう。

プログラマーになるには

プログラマーになるには、スキルを身につけることが必要です。しかし、プログラミング言語は種類が多いため、何から勉強すればよいかわからない方もいるでしょう。まずは案件の多い「Java」、「PHP」、「Ruby」、「Unity」の4つの言語からチャレンジするのがおすすめです。特にJavaは多くのシステムで採用されているため、初心者に向いてます。さまざまなエンジニアの種類や資格があるため、まずはスクールで相談してみるのも良いでしょう。

プログラミングが学べるおすすめスクール

WebサービスやWebサイトの開発ができるエンジニアを目指すなら!
>>パソコンスクール アビバ(通学/全国)
正規雇用・現役エンジニアの講師陣による、熱意のこもったライブ式講義
>>システムアーキテクチュアナレッジ(通学/関東)

営業事務

営業事務は、営業担当者をサポートする仕事で、バックオフィス業務が中心となります。一般事務と異なり、社外とのやりとりが多く、自社商品の知識や顧客情報、ビジネスマナーが必要になります。プレゼン資料の作成やデータ集計、メールや電話での問い合わせ対応などもおこなうため、営業感覚が身につき、キャリアパスが立てやすい職種です。

報酬の目安
時給1,500円程度

営業事務の仕事の見つけ方

フリーランスの営業事務は、クラウドソーシングサイトで探すのが一般的です。人気の案件はすぐに募集が終了してしまうため、複数のサイトに登録しておくといいでしょう。また、会社と雇用契約を結ぶ場合は、転職エージェントや転職サイトを利用するのがおすすめ。特に、転職エージェントは自分の希望やキャリアにあった求人を紹介してくれるため、積極的に活用してみましょう。

営業事務になるには

営業事務は特に学歴や資格などは問われず、就業後に実務でスキルを習得する方が大半を占めています。ビジネススクールで基本的なビジネスマナーを学んだり、事務職に不可欠なパソコンスキルに関連するMOS資格などを持っていたりすると就職する際の強みになります。また、外資系の企業では英語スキルが必須になってくるでしょう。

MOSが学べるおすすめスクール

専属カウンセラーが徹底サポート!全国に教室があるから通いやすい
>>パソコンスクール アビバ(通学/全国)
オンラインで受講も可能!MOS試験合格者数16,000名以上の実績
>>ヒューマンアカデミー/通学(通学/全国)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)をくわしく知る

CADオペレーター

CADとは「ComputerAidedDesign(コンピュータ支援設計)」の略称で、CADオペレーターはソフトウェアを使用して設計作業などをサポートするのが仕事です。主な設計は建築士やCAD設計士がおこなうため設計補助がメインとなりますが、事務作業も担います。図面を見て理解できる、また専門用語を使った指示を正確に理解できる能力が求められます。

報酬の目安
CAD設計:建築費の10%、CADトレース:A1サイズ1枚あたり10,000円〜

CADオペレーターの仕事の見つけ方

CADオペレーターの仕事は、求人サイトで検索するのがおすすめです。「CADオペレーター在宅勤務」や「CADオペレーター副業」で検索すると、フリーランス向けの案件が見つかります。3次元CADのスキルを身につけておくと、応募できる仕事の幅も広がります。未経験からのチャレンジでは、CADを扱う会社へ就職するのがいいでしょう。

CADオペレーターになるには

CADオペレーターにはスキルが必要になるため、基本操作をマスターする必要があります。フリーのCADソフトと参考書による学習で、技術の習得は可能です。CADで使用されるソフトはオートデスク社の「AutoCAD」が一般的です。学習にはフリーソフト「Jw_cad」がおすすめです。

CADが学べるおすすめスクール

職場や自宅近くで自分のライフスタイルに合わせて通学できる
>>パソコンスクール アビバ(通学/全国)
月々3,000円~学べる!資格・検定合格実績もトップクラス
>>ヒューマンアカデミー/通学(通学/全国)

CADをくわしく知る

オンライン講師

オンライン講師とは、インターネットを通じて生徒に授業をおこなう仕事です。ヨガや英会話、日本語教師などさまざまなジャンルがあります。録音された講義を生徒が自分のペースで学習できる「オンデマンドコース」も普及しており、自宅にいながら講義を受けられることで近年人気が高まっています。

報酬の目安
時給1,000〜2,000円程度

オンライン講師の仕事の見つけ方

オンライン講師の仕事は、オンラインスクールに講師として登録するのがおすすめです。例えば「ヨガオンライン講師」などと検索すると複数のサイトが出てくるので、いくつかのサイトに登録しておきましょう。また、自分が学んだスクールで講師の募集をおこなっていることもあるため、問い合わせてみるのもいいですね。

オンライン講師になるには

オンライン講師になるには、まず、それぞれの講師として必要なスキルを身につけます。そして、オンラインで授業をおこなえる環境を整えましょう。パソコン、Webカメラ、ヘッドセット、安定したインターネット環境などが必要になります。ZoomやGoogleMeetなどのビデオチャットツールの使い方をマスターしておくと安心です。

日本語教師が学べるおすすめスクール

最短6ヶ月!未経験から日本語教師に
>>ヒューマンアカデミー/通学(通学/全国)
開校以来4000名を超える日本語教師を国内外に輩出
>>アルファ国際学院(通学/関東、関西、東海、沖縄)

カウンセラー

カウンセラーとは、悩みやストレスを抱えている人に対して、心理学や心理療法などの専門知識をもとにして、問題を解決できるように支援する仕事です。従来は対面でのカウンセリングがメインでしたが、ビデオチャットツールやメールなどでのカウンセリングも普及してきました。「公認心理師」という国家資格が誕生しており、ストレスを抱える人の多い現代では需要の高い仕事です。

報酬の目安
10分あたり1,000円〜

カウンセラーの仕事の見つけ方

カウンセラーは、一般企業のカウンセリングルームや学校、病院、児童相談所などさまざまな分野で活躍できます。転職サイトや、日本臨床心理士会などの職能団体の求人情報で仕事を探すのがおすすめです。また、独立開業して個人のカウンセリングルームを持つ場合、オンラインカウンセリングをおこなうマッチングサイトに登録するのもいいでしょう。

カウンセラーになるには

カウンセラーになるには、専門知識があれば特別な資格がなくても可能です。特に個人のカウンセリングルームでは、資格の有無を問われることは少ない傾向にあります。また、心理療法や心理学の専門知識は通信講座や参考書で学べるため、主婦やママにもチャレンジしやすいでしょう。本格的に資格取得を目指したい方は、大学や大学院で専門的な勉強が必要です。

カウンセリングが学べるおすすめスクール

文科省後援こころ検定2級対応講座あり
>>TERADA医療福祉カレッジ(通信)
あなた自身の悩みも解決できて、資格取得も可能!
>>がくぶん(通信)
心理系講座が21講座!あなたに合った講座が見つかる
>>ヒューマンアカデミー/通信講座(通信)
日常やビジネスで使える実践心理学NLPを学ぶ
>>ヒューマンアカデミー/通学(通学・全国)
メンタルヘルス対策のプロを育成する
>>リカレントメンタルヘルススクール(通学・全国)

カウンセラーをくわしく知る

主婦やママが家でできる仕事のメリット

主婦やママが家でできる仕事のメリット
主婦やママが家で働くことは、家族にとってさまざまなメリットがあります。自分の裁量で仕事ができるため、子どもが幼稚園に行っている時間だけ仕事をするようにすれば、子どもとの時間が作りやすくなります。隙間時間を活用したり、夜に子どもが寝てから作業をしたりといった働き方も可能です。また、介護との両立もしやすくなるでしょう。
通勤時間がなくなり、オフィスメイクやスーツが必要になる機会は少なくなります。人間関係にも左右されにくく、得意分野を活かせるため長く働き続けられるのもメリットです。

主婦やママが家でできる仕事の注意点

フリーランスとして家で仕事をする場合は、雇用と異なるため注意が必要です。確定申告で年間の所得を計算し、自身で申告・納税する必要があります。節税効果が高い青色申告をする場合は、事業を開始したときに「開業届」と「青色申告承認申請書」を管轄の税務署へ提出します。
また、事業用の銀行口座があるとよいでしょう。個人の口座と分けることで、経理作業が効率化できます。
フリーランスは労働基準法の適用対象外ということも忘れてはいけません。トラブル防止のために、契約書は交わすようにしましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト(PR)

ここでは、主婦資格ナビおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。
自分に合ったサービスに登録し、仕事を探してみましょう。

クラウディア

会員数100万人以上!日本最大級クラウドソーシングでライティングやデザイナーの仕事をしよう。
Craudiaクラウディアへ

クラウドワークス

仕事の種類は250種類以上!募集中のお仕事から自分のスキル、希望にあったお仕事を探して応募できます。
CrowdWorksへ

ココナラ

気軽な副業からガッツリ稼ぎたい人まで!自分のスキルや得意が売れます。
ココナラへ

ビズシーク

クラウドソーシング業界最安の手数料で、どこよりもお得に在宅ワークできます。
Bizseekへ

主婦資格ナビ > コラム > 主婦やママが家でできるおすすめの仕事11選!メリットや注意点も紹介
タイトルとURLをコピーしました