主婦が在宅ワークを仕事にするには?初心者、未経験で始める方法・おすすめの仕事を紹介

今主婦に人気急上昇!在宅ワーク

主婦の在宅ワークについて解説します。初心者、未経験から始める方法やおすすめの仕事なども紹介!時間を有効活用して在宅ワークを始めたい主婦の方はぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークとは

在宅ワークとは、企業と雇用関係をもたずに「個人事業主」として自宅で仕事を行う「自営型テレワーク」の別名です。本業は企業に雇用されて働きながら、副業として在宅ワークで別の仕事をする場合も自営型テレワークに含まれます。

最近では、雇用・非雇用問わず自宅や好きな場所で働くこと全般を在宅ワークと呼ばれることもあります。

参考:厚生労働省/情報通信機器を利用して自宅などで仕事をしている方へ(自営型テレワーク)

外出せずに働けることから、家事や育児で多忙な主婦とも相性が良く、女性からの人気が高まっています。

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務との違い

在宅ワークとテレワーク・リモートワーク・在宅勤務は、雇用関係に違いがあります。

テレワークには、「自営型テレワーク(在宅ワーク)」と「雇用型テレワーク」の2種類があります。一般的にテレワークとは、「雇用型テレワーク」を指して使われることが多い傾向にあります。

「雇用型テレワーク」とは、企業に雇用されながら自宅で仕事をする働き方であり、「自営型テレワーク(在宅ワーク)」は雇用関係を持たない働き方です。

テレワークとリモートワーク、在宅勤務はほぼ同じ意味で用いられます。オフィス以外の場所で働くことを指し、国の機関では「テレワーク」という言葉で統一されています。

内職との違い

在宅ワークは個人事業主として働くことを指すことに対し、内職は雇用契約を結んだうえで働くことが多くなっています。この2つも、雇用関係に違いがあります。

内職は、自宅で委託者から作業に必要なものの提供を受け、作業を行う働き方です。その後、成果に応じて報酬を受け取ります。また、内職は「家内労働法」に守られており、最低賃金や規則が定められています。

一方、在宅ワークは「下請法」という法律はありますが、「家内労働法」のように最低賃金の保証はありません。

参考:厚生労働省/家内労働について

主婦におすすめ!在宅ワークの仕事を見る

主婦が在宅ワークで働くメリット

主婦が在宅ワークで働くメリット

家事などと両立して自由に働ける

在宅ワークの大きなメリットは、勤務時間を自由に決められる場合が多いことです。

一般的な仕事の場合は、何時から何時までと完全に時間を拘束されることが多く、勤務時間を変更するにも書類申請をしたり上司の許可を取ったりと、苦労しがちです。

一方、家事や介護、子育て、自身の急な体調不良などが理由で外に長時間働きに行けない方にとって、時間に縛られずにスキマ時間を使った在宅ワークで収入を得られるのは、自由度が高く理想的な働き方といえるでしょう。

実際に在宅ワークをしている方は、気持ちの面でも、ストレスや気遣いによる疲れを軽減できると感じている人も多いようです。

時間を有効活用できる

通勤時間が不要で「家=オフィス」という構図であることも、時間の節約という面でメリットとなります。

またオンライン会議などに参加する必要がなければ、化粧や着替えなどの身支度にかかる時間も軽減できるため、浮いた時間を他のことに有効に使うことができるのも嬉しいポイントです。

昨今、特に都市部の通勤電車は混雑する場合も多く、通勤時間が大きなストレスになっている人も少なくありません。また、公共交通機関での感染症などのリスクにも不安を感じることもあるでしょう。

それらを避けられる在宅ワークは多くの人にとって魅力的な働き方といえます。

仕事中にお腹が空けばすぐに冷蔵庫を開けて食べられる、トイレや給湯も待ち時間ゼロですぐ使える、そんな在宅ならではのメリットを最大限享受して、ストレスフリーに仕事ができます。

自宅で無理なくキャリアを築ける

インターネットやパソコンの普及により、在宅でも質の高い仕事ができるようになり、スキルアップ、キャリアアップも努力次第で可能になってきました。

在宅ワークの経験があれば、子育てや介護が終わってから外で働くことを選択する場合も、スキルの面でも気持ちの面でも社会復帰がしやすくなるでしょう。

専業主婦歴が長く、社会に出ることに尻込みしている方、まとまった時間が取れないから誰も雇ってくれないに違いないと思っている方、スキマ時間がもったいなくて何かしたいと思っていた方は、在宅ワークから一歩踏み出してみることをおすすめします。

主婦の皆さんは、社会に取り残されているという感覚を持つ人が少なくないようです。そんな皆さんの社会復帰の足掛かりとして、在宅ワークは大きな助けとなるでしょう。

主婦におすすめ!在宅ワークの仕事を見る

主婦が在宅ワークで働くデメリット

自分で業務管理する必要がある

在宅ワークのデメリットとして、自分で業務管理をしなければならないという点が挙げられます。

家事や家族の世話の合間に仕事をするため、仕事の納期に合わせて自分のスケジュールを上手く管理しなければなりません。

突発的な出来事によって当初の予定通りに進まなくなることもあるでしょう。そのようなことも見越して、ある程度余裕のあるスケジューリングをすることをおすすめします。

締め切りに遅れてしまった場合、顧客からの信頼を失い、その企業から継続しての依頼を受けることが難しくなってしまう場合もあります。

そういう点では、在宅ワークは自分との戦いでもあります。強い意志を持ち、時間をやりくりしながら取り組む必要があります。

スキルがないと安定した収入を得るのが難しい

家で仕事ができるという手軽さや、在宅ワークをおこなう方が年々増えていること、クラウドソーシングがマッチング仲介に入ることなどもあり、特に初心者向けの案件に関しては報酬が比較的低めに設定されていることが多くなっています。

スキマ時間を利用して仕事をする主婦の場合は、作業の途中にお子さんの世話や家事などを行わざるを得ないことも多く、効率的に仕事を進めることが難しい日も出てくるでしょう。

このため、在宅ワークで少しでも安定した収入を得るためにはスキルや実績を身につけ、より効率的に案件をこなしたり、条件の良い案件を受注できるようにしていくことが重要です。

主婦におすすめ!在宅ワークの仕事を見る

在宅ワークを始める時に注意すべきポイント

在宅ワークを始める時に注意すべきポイント

昨今、在宅ワーク人口が増えるにつれて、トラブルも数多く発生するようになってきました。

在宅ワークを始める前に、まず知っておきたい注意点を確認しておきましょう。

怪しい仕事はトラブルにつながることもある

インターネット上では、誰でも簡単に高収入を稼げると謳った在宅ワークが募集されていることもあります。

しかし、報酬はおこなった仕事の対価として支払われるもの。そいうった仕事は詐欺や、マルチ商法などに加担するものである可能性があります。気軽に応募すると、トラブルにつながることもあるかもしれません。

在宅ワークを探す際は、怪しい仕事ではないか、クライアントは信頼できるかをしっかりと見きわめるようにしましょう。

扶養控除、確定申告などについて確認が必要

扶養控除

配偶者の扶養に入っている方は、収入が103万円を超えると所得税が発生します。さらに、130万円を超えると社会保険の扶養から外れてしまいます。この2つは扶養控除のボーダーラインとなっています。

税金の負担を抑えるために配偶者などの扶養の範囲内で働きたい方は、自身の収入がこのボーダーラインを超えていないか注意しながら働く必要があります。

また、在宅ワークの場合はこの扶養控除以外にも注意すべき点があります。

確定申告

雇用形態がパートやアルバイト扱いの場合は、会社側が年末調整をしてくれる場合ほとんどですが、在宅ワークの場合は「業務委託」扱いになる場合が多いです。

在宅ワークは、個人事業主やフリーランスとして認識されるため、年収が38万円以上ある場合は確定申告が必要になります。そのため、在宅ワークを始める前に確定申告についても知識をつけておく必要があるでしょう。

開業届

開業届とは、正式には「個人事業の開業・廃業等届書」といい、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、無料で作成、申請できます。

開業届を税務署に提出して個人事業主として届け出ることで、節税などのメリットを受けられる場合もあります。具体的には、確定申告の青色申告や法人名義でのクレジットカードの審査、事業用の銀行口座開設などを進めることができます。

開業届を提出しないことによる罰則などはありませんが、上記のメリットがあるため、ある程度の収入が見込める場合は、提出をおすすめします。

参考:国税庁/個人事業の開業届出・廃業届出等手続

自分の都合に合わせて働ける仕事かを確認

在宅ワークは、出来高制で自分の都合に合った時間に業務をおこなえるものが多い傾向にあります。ただ、仕事によっては時間が決められているものもあることに注意しましょう。

決められた時間帯でなければ出来ない仕事や、依頼元の企業のスタッフとコミュニケーションが取りにくい、企業側がワーカーのPC作業実働をオンラインで監視するなどの兼ね合いで、時間の縛りがある案件も存在します。

介護や子育てなどがあり、スキマ時間で在宅ワークをしようと考えている人は、応募の際にしっかり勤務時間帯に関する条件をチェックしましょう。

主婦におすすめ!在宅ワークの仕事を見る

在宅ワークの始め方

在宅ワークの始め方

クラウドソーシングサービスに登録する

在宅ワークで働く場合、人脈やツテなどがない場合、一般的に最初は仕事を発注したい企業(クライアント)と仕事を受注したい人(ワーカー)とを繋ぐ「クラウドソーシングサービス」に登録することをおすすめします。

クライアント側が指定する内容や条件を確認して自ら応募、もしくはクライアント側から依頼がきます。ワーカー側は納期通りに納品し報酬を受け取ります。

クラウドソーシングのサービスはワーカーとクライアント間の報酬の授受も仲介してくれるので安心して仕事を行うことができます。

在宅ワークの環境を整備

在宅ワークをする場合、ネット環境やパソコンはほぼ必須となります。

在宅ワークはその性質上、業務にパソコンが必要になる場合がほとんどです。それ以外にも、基本的にクライアントとのやりとりはメールやWeb会議ツールなどを使用します。

それ以外にも業務によっては専門のソフトなどが必要となる場合もあります。

快適に業務を行なえる環境を整備することをおすすめします。

パソコン関連は、家電量販店で在宅ワークで働くために必要なスペックを相談して購入するとよいでしょう。

案件へ応募・受注し、成果物を納品する

ここまでで在宅ワークを始める準備は完了です。

未経験の状態でクライアント側から依頼が来ることは稀なので、自分がやりたい案件(仕事)へ応募を行ないましょう。

クライアントから案件を受注したら、指示を受けた条件に沿って成果物を作成し、期日までに納品します。クライアントからの検収(成果物の確認)を受ければ、案件が完了となります。

後日、クラウドソーシングサービスを介して報酬が支払われます。

主婦におすすめ!在宅ワークの仕事を見る

初心者が在宅ワークで稼ぐにはスキルを身につけるのがおすすめ

初心者が在宅ワークで稼ぐにはスキルを身につけるのがおすすめ

クラウドソーシングサービスでは、単価が高いものなど、条件の良い案件には多くの応募が殺到します。競争率の高い案件では、当然ながら経験のある人や案件をこなせるスキル・資格を持った人に優先的に依頼されます。

つまり、クライアントから選ばれるワーカーにならなくては、好条件の案件を受注して効率的に稼ぐことは難しいでしょう。

単価の低い案件は経験を問わず受注できるものもありますが、かけた時間に見合わない収入となってしまう可能性もあります。

他の応募者よりも優れたスキルや資格を身につけておけば、条件の良い案件を受注しやすくなります。

さらに、納品された成果物の質の高さや、やり取りの誠実さなどのコミュニケーション能力を買われて継続的な依頼に繋がることもあるため、収入の向上、安定にも繋がります。

そのため、資格やスキルを身につけることが在宅ワークで稼ぐためのポイントとなります。経験や実績がない初心者から在宅ワークで高収入を目指すなら、資格やスキルを身につけることをおすすめします。

在宅ワークにおすすめの仕事&スキルを学べるスクールを見る

資格・スキルなしでできる在宅ワークの仕事

これらの仕事は、特にスキルなどがなくてもすぐに始めることができます。

難易度が低く、ほぼ誰でもできることがメリットですが、そのぶん単価が低いことがほとんどです。これだけで高収入を目指すのは難しいというデメリットがあります。

データ入力

データ入力

パソコンを使って、Excelなどにアンケートや名簿などのデータの入力や、文字起こしなど様々な仕事があります。

難易度の高い案件は、そのぶん単価が高い傾向にあります。そのため、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)やマクロを扱うVBAなどのパソコン資格があると収入UPが目指せます。

データ入力に役立つMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を目指せるスクール

パソコンスクール アビバ(通信・通学/全国)

専属カウンセラーが徹底サポート!全国100か所以上の教室で通いやすい!

スクールホームページへ

ヒューマンアカデミー(通学/全国)

オンラインで受講も可能!MOS試験合格者数16,000名以上の実績

スクールホームページへ

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)についてもっと詳しく

アンケートサイト・ポイントサイト

難しい作業がなく、簡単に始められることから人気の在宅ワークです。

アンケートサイトとは、アンケートに答えることで報酬を受け取れるサイトです。ポイントサイトとは、アプリのダウンロードや資料請求など、指定の条件を満たすことでポイントやギフト券、現金などに還元されるサイトのことです。

誰でも始められますが、そのぶん1つ1つの報酬はかなりの安価です。

複数のサイトに登録し、スキマ時間に「ポイ活」を行う主婦も増加しています。

主婦におすすめ!安定した収入を目指せる在宅ワークの仕事

スキルや資格などが必要になりますが、頑張り次第では高収入を目指せるのが以下の在宅ワークです。未経験から始める場合は、そのスキルを身につける手間がありますが、そのぶんまとまった収入を得やすくなるでしょう。

その仕事で活かせるスキルを学べるスクールも併せて紹介します。

Webライター

Webライター

サイトコンテンツやWeb雑誌、電子書籍、ブログの代筆など、ウェブメディアの記事を執筆するのがWebライターの仕事です。報酬は文字単価で提示されることが多くなっています。

起承転結を意識した、論理的で正確な文章を書くスキルが必要です。読む人を惹き付ける知識の豊富さや情報収集能力も、文章の質向上に必須となります。

SEOライティングという検索エンジン上で作成した記事を上位に表示させるテクニックも求められることがあります。文章力に加え、SEOライティングの知識を身につけておくと高単価の案件も受注しやすくなるでしょう。

Webライターを目指せるおすすめスクール

デジハリ・オンラインスクール(通信)

卒業生の80%がWeb業界でプロとして活躍!

スクールホームページへ

ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』(通信)

ライティングスキルと併せてクラウドソーシングのビジネスマナーも学べる!

スクールホームページへ

Webライターについてもっと詳しく

未経験からWebライターになったママにインタビュー

Webデザイナー

Webデザイナー

パソコンとネット環境、そしてデザインのスキルがあれば、在宅でも稼ぎやすいのがWebデザイナーです。

自分のセンスも大事ですが、ユーザーにわかりやすく、クライアントがイメージするものを形にする理解力や調整力も必要です。

バナーやロゴデザインを作るだけでなく、Webサイト全体の構成やレイアウトを考えたり、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使ったコーディングも行うため、それらの知識は必須となります。

Webページの作成は時間がかかりますが、1本数万円~案件によっては数十万円の報酬を受け取れる場合もあります。

Webデザイナーを目指せるおすすめスクール

ヒューマンアカデミー(通学/全国)

ライフスタイルや目的に合わせて2つの授業スタイルで学べる!

スクールホームページへ

パソコンスクール アビバ(通信・通学/全国)

受講前~受講中も随時カウンセリングを実施!モチベーション維持しやすい

スクールホームページへ

【バンフー】入学金ゼロ・印刷会社運営・最短2日でWEB/グラフィックを習得

DTP制作・印刷、Webや映像制作を行う会社が開講!少人数制で初心者に◎

スクールホームページへ

Webデザイナーについてもっと詳しく

テープ起こし(テープライター)

テープ起こし(文字起こし)

対談や講演会、会議などの音源データを聞き、それをWordファイルなどに文字起こしする仕事です。報酬は1本いくらで契約する仕事がほとんどです。

現在はパソコンに送られた音声データや動画からの文字起こしを依頼されることが多いようです。

聞いたそのままをすべて文字起こしするというよりも、不要な部分は削ぎ落としたり、主語や述語がない対話でも意味が通るように書き直せる理解力が必要です。

また、タイピングスピードが遅いと時給換算で報酬がかなり安くなってしまいます。パソコンスキルを身につけるとより稼ぎやすくなるでしょう。

10分の音源を起こすのに約1時間が目安といわれています。

テープ起こし(文字起こし)を学べるおすすめスクール

がくぶん(通信)

テレビでも紹介!初心者から効率よくテクニックを身につけられる

スクールホームページへ

翻訳

翻訳

翻訳はまさに在宅向きの仕事といえます。

ジャンルは書籍、契約書、マニュアル、ウェブサイトなど多岐に渡り、外国語も英語のみならず中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語など様々です。

語学スキルに加え、自然な日本語に変換できる文章力も求められます。

翻訳を依頼されるのは、ビジネス文書が多い傾向にあります。そのため、そのビジネスの業界に関する専門知識がない場合、外国語が理解できてもうまく翻訳できないこともあるでしょう。受注時には注意が必要です。

翻訳を学べるおすすめスクール

映像翻訳スクール ワイズ・インフィニティ(通信)

映像翻訳の専門スク―ル!短期間でプロのスキルを学べる

スクールホームページへ

翻訳者についてもっと詳しく

CADオペレーター

CADオペレーター

コンピューターを使って建築や機械、家具、半導体回路など、様々なものの設計やデザインを行うのが、CADオペレーターです。 案件単位で報酬がもらえる契約が多くなっています。

設計には細かい配慮が求められます。CADソフトを使いこなせることはもちろん、クライアントとの打ち合わせ時には、相手の話を理解したり進捗調整をするためのコミュニケーション能力や、細かな修正などを地道に進められる忍耐力も必要です。

幅広い業界で求められるため、一度スキルを身につければ長く活躍することができるでしょう。

CADを学べるおすすめスクール

パソコンスクール アビバ(通信・通学/全国)

職場や自宅近くで自分のライフスタイルに合わせて通学できる

スクールホームページへ

ヒューマンアカデミー(通学/全国)

月々3,000円~学べる!資格・検定合格実績もトップクラス

スクールホームページへ

CADについてもっと詳しく

動画編集

動画編集

クライアントの依頼に合わせて動画を編集するお仕事です。

撮影された動画のカットや繋ぎ合わせを行い、字幕や効果・音楽を追加します。編集には、Adobe Premiere Proなどの専門のソフトが必要になります。

YouTubeなどの動画プラットフォームが一般化し、毎日たくさんの動画が公開される中で、動画編集のニーズも高まっています。初心者向けの案件もクラウドソーシングサービス上では多く見られます。

イメージしやすい仕事のため、在宅ワークの中でも人気があります。ただ、見やすさや面白さが再生回数に大きく影響するため、好条件の案件を受注するためには編集技術を身につける必要があるでしょう。

デジハリ・オンラインスクール(通信)

半年で案件を受注できるスキルを身につける!

スクールホームページへ

ヒューマンアカデミー(通学/全国)

月々6,300円から、未経験から動画クリエイターを目指せる

スクールホームページへ

動画編集についてもっとくわしく

在宅ワークについてもっと詳しく

未経験から在宅Webライターになるには?現役Webライターにインタビュー!
未経験から在宅Webライターになるには?現役Webライターにインタビュー!
主婦が稼げる!経験者に聞く在宅ワークの種類・収入・メリット・デメリット
主婦が稼げる!経験者に聞く在宅ワークの種類・収入・メリット・デメリット
主婦のお小遣い稼ぎにおすすめの資格を紹介!在宅ワークや副業でも活かせる
主婦のお小遣い稼ぎにおすすめの資格を紹介!在宅ワークや副業でも活かせる
タイトルとURLをコピーしました