30代40代専業主婦の仕事復帰、この資格が強みになりました!おすすめの勉強法や取得者の声も紹介!

30代40代専業主婦の仕事復帰、この資格が強みになりました!

30代以上で復帰する方多数!

主婦の仕事復帰

主婦の仕事復帰に役立つ資格は?

家計のためにも仕事復帰したい!

結婚や出産をきっかけに専業主婦になったものの、子どもができたら何かとお金がかかる…。将来のためにも何か資格スキルを手に入れて仕事復帰したいもの。
今回は、専業主婦から資格スキルを取得して仕事復帰した方に、実際に取得した資格や仕事復帰した時期などを伺いました。

※アンケート期間:2019年11月25日〜12月10日/解答者:全国216名の主婦の方

働きながら・子育て中も 通信制大学&おすすめ資格 大卒資格・スキル取得・年収UP・学び直し

知っておきたい!資格の選び方

受験資格がない

まず、受験資格が厳しくない資格の取得を目指すことをおすすめします。

試験の受験資格が設けられている資格も存在します。
特定の業務を数年経験していることを求める実務経験や、特定の学校を卒業している必要がある場合、受験までの間に長い時間と手間が必要となります。

そのため、専業主婦からの再就職などを目指して資格取得を検討する場合、受験資格がない資格や、既に受験資格を満たしている資格を目指すとスムーズでしょう。

宅建士、キャリアコンサルタント、行政書士などは受験資格がなく、どなたでも国家試験を受けることができます

難易度が高すぎない

難易度が高すぎない資格を目指すこともポイントとなるでしょう。

仕事に活かしたいとやる気を出しても、合格率1%の資格取得をゴールにすればどうでしょうか。
短期間の実現が困難で、結局取れなければ時間やお金が無駄になってしまうかもしれません。

難易度が高い資格はそのぶん価値も高く、仕事に有利に働きますが、取得できなければ意味がありません。

目標をしっかり定め、実現へのイメージがつきやすい資格を選定しましょう

就職・復職に活かせるか

就職と復職に活かせるか否かも、重要な点でしょう。

育児や出産で長く職場を離れると、社会から切り離されたと不安になる方もいるかもしれません。
希望する就職・復職先で活用できる資格を取得して就職活動を行うことで、即戦力として活躍できる人材であることの証明ができます。

また、子育てをしながら再就職に向けて努力を重ねていたことのアピールにもなります。
資格を取得したことが自信につながり、ブランクへの不安を払しょくする効果も得られるでしょう。

業界を迷われている方や特に要望がない場合は、幅広い業界で役立つ知識・スキルが身につく資格を取得することで選択肢を広げることができるでしょう。

取得した資格スキルベスト3は?

取得した人が多かった3つの資格をランキング形式でご紹介します。

[ 1位 ]簿記

簿記

簿記とは企業内でのお金や財産に関する取引の記録をつけることです。経営状態を把握するための貸借対照表と損益計算書を作成します。経理業務にはもちろん、社会人であれば知っておきたい知識です。
>>簿記について詳しく

実際に取得した方の声

・専業主婦だったけど、希望の職種に就けた(40代後半・正社員)
・就職だけでなく昇給にも役立った(50代前半・パート)
・簿記ができるのが私しかいないので、会社での職種が増えた(40代前半・正社員)

このように簿記の資格取得したことで、就職の強みになったり、それだけでなく学んだ内容が実際の実務にも役立っているようです!

ここで学べるおすすめスクール

▼ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』(通信)
試験の頻出ポイントをバランスよく学び、無理なく合格を目指す
スクールホームページへ

▼日建学院/通信(通信)
試験攻略のノウハウやポイントが詰まった「合格のための講義」
スクールホームページへ

▼資格スクール大栄(通学/全国)
カウンセリングから作る自分だけの学習カリキュラムで学びやすい
スクールホームページへ

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>簿記の資料請求はこちら


[ 2位 ]マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とはExcelやWordなど、Microsoft Office製品のソフトを総合的に使いこなせることを証明する資格です。
>>マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)について詳しく

実際に取得した方の声

・履歴書に書ける、アピールできる(30代後半・パート)
・パソコンができるかどうか面接で聞かれた時に、検定で取得した種類と級を言うと、こちらのスキルを説明しないでも理解してもらえてよかった。(50代前半・正社員)
・曖昧だった事をきちんと覚える事で周囲に教えてあげる事ができたり、周りからも重宝がられ不安だった復帰が自信に変わった。(50代前半・正社員)
・新しいバージョンのofficeにも対抗無く作業できた(20代後半・パート)

このようにパソコンスキルが証明できることで就職でアピールしやすかった仕事の自信に繋がったという声がありました。

ここで学べるおすすめスクール

▼パソコンスクール アビバ(通信、通学/全国)
年間受験者数は6年連続業界No.1
スクールホームページへ

▼ヒューマンアカデミー(通学/全国)
多くのMOS合格者を輩出!就転職サポートも
スクールホームページへ

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>MOSの資料請求はこちら


[ 3位 ]介護資格

介護ヘルパー

介護の資格には、入門向けの介護職員初任者研修から資格手当や給料UPにもつながる介護福祉士の資格や上級資格であるケアマネジャーなどがあります。
>>介護ヘルパーについて詳しく

実際に取得した方の声

・子供が小さいので短時間で働ける職場を探していたがすぐに就職できた(20代後半・パート)
・再就職がすぐに決まった(50代後半・パート)
・資格がある事で、給与面が特に優遇されました。(40代前半・正社員)
・介護福祉士をもっていると時給や待遇が違う(30代後半・パート)

現在の日本では介護の人材が不足していることもあり、再就職がしやすい状況にあるようです。また、実務経験は必要になりますが、介護福祉士資格は取得すると資格手当などメリットも多いようです。

介護資格を学べるおすすめスクール

▼ベネッセ介護職員初任者研修(通学/関東・関西)
キャッシュバック制度あり!
スクールホームページへ

▼サンシャイン総合学園(通学/札幌)
経験豊富な講師陣が資格取得のバックアップ
スクールホームページへ

▼湘南ケアカレッジ(通学/町田)
受講料55,000円~通いやすい!
スクールホームページへ

▼藤仁館医療福祉カレッジ/通学(旧 大宮・高崎福祉カレッジ)(通信・通学/関東)
入門から上級まで様々な資格が目指せてサポート万全
スクールホームページへ

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>介護資格の資料請求はこちら

他のおすすめ資格を取得した方の声

医療事務
経験がなくても雇ってもらえた。やはり資格があるのと無いのとでは違うなと思いました。(20代後半・パート)

保育士
仕事に復帰したいタイミングで保育士不足が問題となり、仕事を見つけやすいと感じました(40代前半・パート)

アロマセラピスト
学んだことがダイレクトに、お客様の接客説明に役に立っています!(40代前半・自宅開業)

今どんな資格を取得するか悩んでいる方は、資格取得が就職で有利になったり、仕事自体にニーズの高いものを選ぶと良いかもしれません。
また、セラピストやネイリストなどの手に職スキルは自宅サロンなどを始めることもできるので、自分のペースで働きたい方におすすめです。

私はこんな資格を取得しました!まだまだいます「資格取得者の声」はコチラ>>>


いつ学んで、何歳で仕事復帰した?

仕事を復帰した方に、学んだ時期や復帰年齢、働き方を伺いました。
資格取得したのはいつですか?
多くの方は、子どもが小学生にあがる前までに資格取得に向けて学んでいました。また、子どものいない時期や妊娠中に今後に備え挑戦している人も多くいらっしゃいました。

50%以上の方が30代以降に仕事復帰!

仕事復帰した年齢は
30代から仕事復する方も多数。30代以上だと経験のない仕事をするのは難しい…そんな風潮もある中、多くの30代以上の方が資格スキルを身につけて仕事復帰を果たしています。

働き方は様々。自分のペースで働きたい方も

どのような働き方
フルタイムで働く方が約半数。中には、「子どもがもう少し大きくなったら、今の職種で正社員として働きたい」と考えている方も。
他にも、自分の働きたい時に仕事をするフリーとしての働き方や、子育て中も働きやすい自宅開業や在宅ワークを選択される方も。
主婦からの仕事復帰には、自分の価値観や環境に合わせて様々な働き方を選択しているようです。

専業主婦が国家資格を取得するなら!おすすめ5資格を紹介

せっかく資格を取るなら、信頼度の高い国家資格を目指したいとお考えの主婦の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
主婦の方にピッタリで、経験などを問わず目指しやすい国家資格5つを紹介します。

登録販売者

登録販売者

薬剤師よりも簡単にとれる、薬を扱う国家資格です。
ドラッグストアや薬局等で「登録販売者」の名札をつけている人を見かけたことはありませんか。
登録販売者が扱える薬は一般医薬品の9割以上。薬を買い求めるお客様の相談に乗ることが業務の中心です。

医薬品の取り扱いは、薬剤師や登録販売者がいる場合のみ許可されます。
薬剤師のみに許された調剤や第一類医薬品の販売以外の業務は登録販売者が実施できるため、薬局だけではなくコンビニやスーパーなど、多くの働き先があります。

資格手当や給料アップも狙え、パートや正社員等ライフスタイルに合わせた働き方も選べます。

比較的取得の難易度も高くない資格であり、正しい受験対策で約3ヶ月~半年で取得できる手軽さも魅力です。
医薬品の知識が深まり、家族の健康管理にも有効でしょう。

>>登録販売者について詳しく

ここで学べるおすすめスクール

▼ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』(通信)
わずか3ヶ月の学習期間でも無駄なく合格を目指せるプログラムを実現!
スクールホームページへ

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>登録販売者の資料請求はこちら


キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント

職業を中心に各々が描く将来像を叶えるためのアドバイスをする、キャリアコンサルタント。
ハローワークや人材紹介会社など、キャリア形成に悩む方へのサポートができる国家資格です。

さまざまな職業を経験した人でないと難しいのでは、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、専業主婦の経験もキャリアの提案をおこなう上で強い武器となります。

社会経験が少ないと悩む専業主婦に、家事や育児経験を活かした職業の選択肢をアドバイスできます。
過去の同じ体験から、誰よりも相談者に寄り添ったサポートをおこなうことができるのは、他でもない専業主婦の経験者であるといえるでしょう。

女性の相談者が多い人材系の会社などへの就職には、主婦経験とこの資格の2つが役立つでしょう。

>>キャリアコンサルタントについて詳しく

ここで学べるおすすめスクール

▼リカレント キャリアデザインスクール(通学/関東)
厚生労働大臣認定「キャリアコンサルタント」養成講習の実施機関
スクールホームページへ

▼ヒューマンアカデミー(通学/全国)キャリアコンサルタント講座
圧倒的実績を誇るキャリアスクールだから実現![厚生労働大臣認定講習]
スクールホームページへ

▼リカレント/LIVE通信(通信)
自宅にいながらにして学習が可能!
スクールホームページへ

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>キャリアコンサルタントの資料請求はこちら


宅地建物取引士(宅建士)


不動産業界に欠かせない資格、宅地建物取引士(宅建士)。

不動産の売買や賃貸などの取引の重要事項や契約を結ぶ前の説明、書類の捺印は宅建士が行う必要があります。
不動産会社の事業所には5人に1人は配置しなければならないため、ニーズも高い資格といえるでしょう。

営業職はもちろんのこと、契約時の重要事項説明や事務作業をおこなう「不動産事務」の仕事は主婦も多く活躍しています。
不動産事務の仕事は、宅建士の有資格者であることが条件となっていることも多く、そのぶん一般事務と比較して高い給与相場となっています。

専業主婦目線を生かした親身なアドバイスで、感謝される可能性もあります。

>>宅地建物取引士(宅建士)について詳しく

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>宅地建物取引士(宅建士)の資料請求はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)


金融業や不動産業の仕事復帰に役立つのが、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格です。

生命保険の営業職は、人生設計の相談に乗りながら保険などの提案をおこないます。専業主婦ならではの経験や共感が活きるため、主婦の再就職に向いている仕事のひとつといえるでしょう。

再就職はもちろん、自身の生活に役立つ以下のような知識を得られることもメリットです。

・家計のやりくり
・教育資金の準備
・親の相続に関する手続き

将来の可能性を広げる勉強塾や習い事等、子供のための教育費は何かと入り用です。
マイホームの建築や普段の生活を豊かにする娯楽費等、お金はいくらあっても足りません。

知識があれば、不意の事態にも資産運用や保険の見直し等で対策できます。
お財布の紐を握ることも多い専業主婦には、お金の知見があって損はありません。

>>ファイナンシャルプランナー(FP)について詳しく

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>ファイナンシャルプランナー(FP)の資料請求はこちら

行政書士

行政書士
民法や行政など法律の専門家、行政書士の資格。
社会的な信頼度も高く、行政書士事務所や企業の総務、法務に関しての部署への再就職に大いに役立ちます。

また、独立してフリーランスの行政書士として活躍することも目指せるでしょう。
行政書士の受験者の大半は男性のため、令和3年度の行政書士試験の合格者のうち、女性の割合は27%程度。
つまり、女性の行政書士は少ない傾向にあります。

離婚等のデリケートな相談は同性にしたい女性もおり、その場合は家庭を持つ主婦の経験が活かせるでしょう。
専業主婦が資格を取得し活動することで、男性の行政書士にはない武器を持つことができます。

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>行政書士の資料請求はこちら

専業主婦の仕事復帰におすすめの民間資格

介護事務

介護施設などで、介護報酬を自治体に請求するための作業を行うのが介護事務の仕事です。
直接介護する仕事ではありませんが、介護に関する知識が必要です。
高齢者の役に立ちたいけども直接介護する仕事は体力面で不安な人、また夜勤がない仕事を求める人に人気です。

>>介護事務について詳しく

一括資料請求ができるBrushUP学びへ
>>介護事務の資料請求はこちら

Webデザイナー

Webサイトやバナーの制作をおこなう仕事です。
需要も高く、在宅で仕事を請け負うことも可能なため、子育て中の主婦の方にも人気です。

Web制作に関するスキルや専用ツールの操作方法、デザインに関する知識などが必要になります。

>>Webデザイナーについて詳しく

専業主婦におすすめの資格の勉強方法

独学で勉強する

コストを抑えたい場合、最初に考えるのは独学での勉強でしょう。
あなたにぴったりの参考書を見つけることができれば、テキスト代だけで合格を目指すことが可能です。

自己管理能力が優れた方は自分に合った学習方法で家事や育児の合間、マイペースに勉強可能です。

反対に1人では怠けてしまいがちな方や、不明点の自己解決が難しい場合は、避ける必要があるかもしれません。
また、資格の難易度によっては独学での合格には膨大な時間がかかってしまう場合もあるので、注意が必要です。

資格スクールに通学する

2つ目は資格スクールに通う方法です。

ある程度まとまった受講料を投資する必要はありますが、学習カリュキュラムやスケジュールが設定されており、計画的に合格を目指せる点がメリットです。
そのぶん独学などで勉強を進めるより、合格の確率は高まるでしょう。

家庭の事情などで休まざるを得ない場合も、振替受講ができるスクールも多く存在します。

同じ目的を持つ仲間と切磋琢磨しながらモチベーションを維持し、勉強したい方にもおすすめです。
専業主婦として社会との繋がりが減ったと感じる時も、新たな世界へ飛び込めば生活にハリが出るかもしれません。

資格スクールは通学時間を捻出でき、ある程度組まれた学習計画通りに動く方が楽な人には向いているでしょう。

通信講座を受ける

3つ目通信講座に申込み、受講する方法です。

家事や育児で毎日忙しく、まとまった時間の捻出が難しいという専業主婦も、スキマ時間で勉強しやすいのが特徴です。
外出の手間がないため、洗濯機の稼働終了までの間や、子供が幼稚園に行っている時などに学習することも可能でしょう。

独学とは異なり、分からないところがあった場合も、メールなどで講師へ質問ができます。
最新情報もカバーされた高品質なテキストで通学と比べると安価な受講料で学べるのもポイントでしょう。

よくある質問

主婦が仕事復帰するなら、資格を取得したほうがいいの?
資格を取得することで、仕事で活かせるスキルがあることを証明できるため、書類選考などでも有利になりやすいでしょう。
仕事復帰に役立った資格はこちら
仕事復帰に向けて、いつごろ資格を取得した人が多いの?
お子さんが0~5歳のころに取得している方が多いようです。通信講座なら子育てとも両立しやすいでしょう。
もっと詳しく
仕事復帰にはどんな資格がおすすめですか?
事務職へ復職した方からは、簿記やマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)が役立ったという声が多いようです。
また、介護職は求人も多く、予定に合わせて働きやすい場合も多いため、介護資格もおすすめです。
人気資格ベスト3はこちら

主婦資格ナビ > コラム > 30代40代専業主婦の仕事復帰、この資格が強みになりました!おすすめの勉強法や取得者の声も紹介!
タイトルとURLをコピーしました