主婦が稼げる!経験者に聞く在宅ワークの種類・収入・メリット・デメリット

在宅ワークイメージ

在宅ワークについてアンケート!経験者が語る実態は?

在宅ワーク1

在宅ワークのホントのところ

在宅ワークで稼ぎたいけど、どんな仕事があってどのぐらい稼げるの?

在宅ワーク1

コロナ禍やインフレの加速によって、主婦や社会人にとって注目がさらに高まっている「在宅ワーク」。

「家事をしながら、子育てしながら、稼ぎたい」
「好きなことや得意なことを仕事にしたい」
「今の仕事の他に副業として在宅ワークをしたい」

そんな希望を持っているけれど、なかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「在宅ワーク」について主婦200名にアンケート!
これからはじめたい、興味があるという方、そして実際に在宅ワークをやっている主婦の方に聞いた「在宅ワークのイメージと現実」、在宅ワークの種類や収入、メリット・デメリットについても調査しました
アンケート期間:2020年7月15日 ~ 7月29日
【2022年5月追記】この記事は、実際に在宅ワークの方に仕事を依頼することも多い、主婦資格ナビ編集部が執筆しています。アンケート結果を元におすすめの資格スキルを追記しましたので、参考にしてくださいね。

在宅ワークやフリーランスに興味のある方は約8割

今回の調査対象は202名。

「現在専業主婦か兼業主婦か?兼業の方の雇用形態は?」

現在の雇用形態は?
202名のうち1割強の方がすでに「在宅ワーク・フリーランス・自営業」をやっている方。
まずはその方々を除く、179名に聞きました。


「在宅ワーク・フリーランス等で仕事をするなら、どんな仕事がしてみたいですか?」(複数選択可)

在宅ワークをするならどんな仕事がしてみたいですか?
179名のうち、35名は「やりたいと思わない、興味がない」を選択。残り144名、現在正社員やパートで働いている方も含め、約8割の方が在宅ワーク・フリーランス等に興味があるという結果になりました。現在働いている方は、副業として考えられている方もいらっしゃるようです。

やってみたい仕事1位は「データ入力」

やはり人気が高い「データ入力」。ついで「ハンドメイド」「WEBライター」と、いずれも 「得意や好き」から派生させて仕事にできそうなものが上位を占めています。また、データ入力やWEBライティングは初心者でも始めやすく、WEB上の在宅ワークの案件サイトやクラウドソーシングサービスでも求人や案件が紹介されています。ハンドメイドはハンドメイド販売サイトやフリマアプリのメルカリなどでも商品が販売されています。

その他では、「英語講師」「インストラクター」など、すでに持っているスキルを活かしてというもの、また簡単にすぐ始められそうな「アンケート」という回答もありました。アンケートでのポイントや報酬の獲得サイトも最近では多く存在するので気軽に始められそうですね。


「その仕事で月にいくらぐらい稼ぎたいですか?」

いくらぐらい在宅ワークで稼ぎたいか

扶養控除の範囲内で働きたい

およそ7割強の方が10万円未満の枠内に入っており、扶養の範囲内で働くことを希望しているようです。月収8万円以下であれば「103万円の壁」、月収10万円未満であれば「150万円の壁」は越えない範囲となるので、ひとつのボーダーラインとなっているのでしょう。正社員のように多くの時間を働いて稼ぐというよりも、育児をしながら自分のペースで在宅ワークでの副収入を得たいという考えもあるようです。


「在宅ワーク(フリーランス)という働き方についてどう思いますか」

では、在宅ワークに興味がある・やってみたいという方々は、在宅ワークにどのようなイメージを持っているのでしょうか。

▼良い・プラスイメージ

「現在妊娠中なので在宅やフリーランスだと長く働けそうで魅力的に感じます。」(20代後半、専業主婦、妊娠中)
「家でできるのはコロナ対策になり安心です。」(30代後半、正社員)
「好きな時間に自分のペースでできそうですし、子供が小さいので家で出来る仕事があれば嬉しいですね。」(30代後半、専業主婦、未就園児・幼保育園児ママ)
「ストレス軽減されそう。」(40代前半、派遣社員)
「自分のペースで好きなことで、人に喜んでもらえるなら、心身共に気持ちよく仕事ができそうだし、長く続きそうです。」(30代前半、パート)
「通勤時間の削減がとても魅力だと思います。」(40代前半、正社員、幼保育園ママ)
「子供がいるし、主人が転勤族なので場所を問わないのが嬉しい。」(30代前半、専業主婦、未就園児ママ)
「自分や家族の時間が沢山もてるのがとても魅力的です!スケジュールも自分で決めれるし、なによりやりがいがあると思います。」(30代後半、パート、未就園児・幼保育園児ママ)
「子供がいて外に働きにいくことはいまはまだ難しいけど、在宅で仕事ができたら自分の自信につながりそう。」(20代後半、専業主婦、未就園児2人ママ)

中には、すでにやりたいことがあるという方も
「ヨガインストラクターをしてみたい。」(30代後半、パート、幼保育園児ママ)
「在宅での医療カウンセリングなどを行ってみたい。」(20代前半、正社員)
「ハンドメイドが好きなので、作成した物をネットで売っておこづかいにでもなればいいなと思っていますが、そのノウハウが分からないので、勉強したいと思っています。」(30代前半、正社員、小学生2人ママ)

▼悪い・マイナスイメージ

「自宅でできるのは楽ですがオンオフの切り替えがうまくできなそう。」(30代後半正社員、幼保育園児ママ)
「安定した収入が得られなそうな気がする…企業様から仕事をいただく場合は景気にも左右されそう。」(40代後半パート)
「時間を有効に使えるように感じますが、収入を得るのはなかなか難しいと感じます。」(50代パート)
「給料が安そう。」(50代正社員、大学・専門学校生ママ)
「怪しいビジネスも多かったり、手に職がないとできなかったり、とても狭き門なイメージがあります。」(30代前半専業主婦、未就園児ママ)

そして、多かったのが「やり方、始め方がわからない」という意見。
「やってみたいことは山ほどあるのですが何からしたらわからずスタートできない。知識がない。」(30代後半、パート、幼保育園児・小学生ママ)
「始め方がわからない。(30代後半、幼保育園児ママ)
「やれるほどの手に職はない、面倒そう、税金についてもよくわからない。」(40代前半、専業主婦、未就園児・幼保育園児ママ)
「やってみたいという気持ちはありますが、実際に仕事の募集があるのか、どのように進めていくのかわからないのが現状です。」(50代、専業主婦、中学生・高校生ママ)
「興味はありますが、何か資格があるわけでもなく、何から始めていいかわからないのが現状です。」(40代後半、専業主婦、小学生・高校生ママ)
「どうやって探せばよいのかよくわからない。」(30代後半、専業主婦)

どのくらい稼げる?在宅ワークやフリーランスの現実

今回のアンケート回答者ですでに在宅ワークをしているという方に、どんな仕事をしているか、どのくらい稼いでいるかなどを聞いてきました。

「在宅・フリーランスでどんなお仕事をしていますか?」

第1位 Webライター
第2位 事務
第3位 翻訳

中には、「通訳とグルメライターとスイーツコンシェルジュ」、「Webライターと翻訳」と兼業している方もいらっしゃって「英語力と文章力」を活かしてフリーランスとして活躍しているようです。

その他では、
カウンセラー、DTPデザイナー、テープ起こし、社労士、ネットショップ経営、講師、インストラクター、内職という方々がいらっしゃいました。


「在宅ワークで月にいくらぐらい稼いでいますか?」

全体的に見ると、6割強の方が「5万円未満」という結果になりました。

一番多かったWebライターで見てみると、
3万円未満・・・3名
3~5万円未満・・・1名
10~20万円未満・・・3名
20万円以上・・・1名

人によってさまざまのようですが、空いた時間で月に数万稼げたら、家計の足しにしたり自分自身で自由に使用できるお小遣いにもなりますね。仕事にかける時間ややり方、スキルによっては、在宅で20万円以上稼ぐことも可能ということが言えるのではないでしょうか。


「在宅ワーク(フリーランス)という働き方についてどう感じていますか?」

では、実際に在宅ワーク(フリーランス)で働いている方は、どう感じているのでしょうか。

▼良い・プラス面

「家事とのバランスを取りながら自分のペースで働ける。人の目を気にせず好きなように働ける。自分らしく働ける。稼ぎも自分次第なので頑張れば頑張る分だけ稼げる。」(20代後半、講師、3万円未満)
「自分の時間を効率的に使える。」(50代、社会保険労務士、3万円未満)
「自由でやりがいがある。」(60代、Webライター、3万円未満)
「自宅にいられるので、子どもの成長が見守れる。時間やスケジュールの調整が効く。」(30代後半、Webライター、10~20万円未満)
「自分の好きな時間に合わせて仕事ができるところが良いです。」(50代、事務、5~10万円未満)

▼悪い・マイナス面

「自分の自由に時間が使える反面、コロナ禍で安定性のない職業と思い知りました。副業を探しているところです。」(30代後半、Webライター)
「自由になる時間があるが、余裕がない。」(50代、インストラクター、3万円未満)
「家で仕事をしていると家事などとの兼ね合いでメリハリがつかない。世間ではまだ外で働くことが労働だと思われている感があり、家で仕事をしていても遊んでいるように思われがちなのが遺憾。」(50代、事務、3万円未満)

経験者の意見を見ると、高収入を安定的に狙うというよりも、自分のペースで稼ぎたい額を稼ぐというようなスタンスでいた方が良いかもしれません。
主婦業とのバランスを取りながら時間を効率良く使えるということ、さらに通勤がなく人と接する機会もより少なくなるということで、新型コロナウイルスの感染予防を考えるとメリットも大きくおすすめしたい在宅ワーク。
まずは、自信を持って自分を売り込めること、そのためには専門知識とスキルを身につけていきましょう。安心して仕事を任せられると相手に思ってもらえれば、継続的な仕事の受注、そして高収入につながります。

スキルを身につけて稼ぐ!おすすめ在宅ワーク

少し収入を得たいけど何からやって良いかわからない人は、どんな仕事やスキルがあるのかまずは調べてみましょう。その中で自分に合ったものを決めて行動に移してみましょう。
ここでは、在宅で稼げるおすすめの資格やスキルをご紹介します。実際に主婦資格ナビ編集部が仕事を依頼したり、実際に経験してきた仕事の中で在宅ワークや副業・副収入系のおすすめ資格スキルを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

Webデザイナー 難易度★★★

Webデザイナーは、企業などのホームページのデザインやコーディング、バナーや画像の作成などを行います。
たとえば、この主婦資格ナビのWebサイトも、まずはAdobe社のphotoshopやIllustratorで見た目のデザインを作成し、HTMLやCSSなどのマークアップ言語やスタイルシート言語を使用してWeb上に表示されるようにエディターでコーディングという作業をします。さらに、デザイナー以外が編集できるようにWordPressという無料のCMS(コンテンツ管理システム)に組み込みます。

このような作業ができるようになるには、WebやIT系の知識からデザインや色などたくさんのスキルが必要ですが、仕事としては「デザインだけ」「コーディングだけ」「画像加工だけ」など細分化されていることもよくあるので、やりたい仕事に必要なスキル中心に学んでみましょう。
この記事を書いている私も元々Webデザインが学べるスクールに通ってスキルを身につけましたが、デザイナーとしての業務はもちろん、ディレクションやマーケティング、SNS、記事作成などWeb業界のいろいろな仕事で学んできたことが活かせるので、大変でしたが学んで良かったと思っています!

これらの在宅ワークの案件も、Web上で仕事のやり取りができるクラウドソーシングサイトにたくさんありますので、どういったものがあるかのぞいてみても良いかもしれません。
スマホでも確認できます。実際に編集部でも、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで広告用のページやバナーの作成をお願いしたことがあります。
仕事の探しから受注後のやり取りや支払いなども直接ではなくサイト上で完結できるので、発注側も受注側も便利なサービスになっています。

Webデザイナーはどのくらい稼げる?

相場をみると、画像やバナー作成で1枚数千円程度、広告ページ(1枚)の作成などは10〜20万円、Webサイトの構築になると内容によりますが30万円以上稼げることもあります。
さらにPHPなどのプログラミングやWeb集客やディレクションのスキルなどがあれば、さらに高い報酬の仕事が受注できると思います。

クラウドソーシングで大事なのは、依頼してくるクライアントをしっかりと見極めることです。自己紹介文や依頼実績はしっかりと確認し、仕事内容で不明点があれば質問したり、お互いが気持ちよく仕事をしながら収入を得られるように気をつけてくださいね。

稼げるWebデザイナーになるには?

無料で学べるサイトや参考書も豊富なので、独学もできなくはないですが、初心者の方はスクールなどWebデザイナーの経験者が教えてくれるところで学ぶのがおすすめです。
なぜなら、Webデザイナーの幅広い業務の中で自分がやりたい仕事の範囲ができるようになるために何が必要なのかわからなかったり、デザインやコーディングなどを学んでいく中で「こうしたいのにどうしたら良いかわからない」ということが多くあると思うからです。

そんな時、スクールで最適なプランを提案してもらったり先生や仲間に質問しながら解決できる相手がいるのは重要で成長も早いです。
できるだけ短期間で稼げるようになるには、ある程度自己投資として費用はかかってもスクールや通信講座などを利用することをおすすめします。

Webデザイナーを目指すおすすめスクール

▽動画+講師はいずれも実務で活躍する現役のデザイナー
パソコンスクール アビバ(通学・全国)
スクールホームページへ

▽入学金ゼロ・印刷会社運営・最短2日でWEB/グラフィックを習得
バンフートレーニングスクール(通学・関東)
スクールホームページへ

Webデザイナーについてさらに詳しく>>

Webライター 難易度★

Webデザイナーよりもう少し難易度低く稼ぎたいという方にはWebライターの在宅ワークがおすすめです。
今さまざまな企業で、googleの検索結果でひっかかるような記事を作成していく施策をしています。これをSEO(検索エンジン最適化)と呼びますが、膨大な記事を作成することも多く、一部のライティングを在宅ワーカーにお願いするケースは多いです。

実際に弊社でもライターさんにお願いすることが多くありました。Webライティングはインターネット環境とパソコンがあればいつでもどこでも仕事ができるので、子どもが幼稚園に行っている間に少し働きたいという方や朝や夜の少しの時間だけ働きたいという方にもとてもおすすめです。

クライアントが指定したテーマに沿って執筆するので、自分の得意なテーマだとスムーズに書くことができますし、知らないテーマの場合は調査が必要になりますが、知識が蓄積されていくので今後役立つことも多いです。
在宅でできるので、こちらもクラウドソーシングサイトなどで受注が可能です。

Webライターはどのくらい稼げる?

相場をみると、1文字1〜3円になります。
1記事5000文字書いた場合、5,000円〜15,000円になります。1週間に1記事を執筆した場合、1ヶ月20,000円〜60,000円ほどの収入を得るイメージです。
基本的にはクライアントが記事の構成を作成し指示に従い書いていく流れが多いですが、狙ったキーワードから記事全体の構成を作成する部分からお願いすることもあり、この場合はSEOの知識やスキルが必要になってくるため単価が上がる傾向にあります。「時給にしたらとても安くなってしまった…」という風にならないように、どこまで自分がやるのかは必ずチェックしてから仕事を引き受けましょう。

稼げるWebライターになるには?

初心者の場合は、まず好きなテーマで自分でブログを作成して運用していくのもありでしょう。
そこで文章を書く練習やSEOの勉強もしながら、自分自身で読者に読まれる記事作成ができると依頼を受けて執筆する時もスムーズです。

自分のブログの読者が増えれば、ブログなどのサイトに広告を貼ることで広告収入を得る「アフィリエイト」などで稼ぐという手段もあります。
クライアントの依頼のライティングをする場合、案件を選ぶ時に高単価の案件は人気なので、まず最初は低単価の案件でコツコツと実績を積み、品質の高いライティングを目指し、徐々に単価を上げていくような方法もあります。
文章のルールや効果的な書き方などは独学も可能ですが、一度スクールや通信講座でしっかりと学ぶと役立つことが多いと思います。

Webライターを目指すおすすめスクール

▽Web制作未経験から10万円稼げる在宅ワーカーへ
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』【通信】
スクールホームページへ

▽1人じゃない!強力なサポートと仲間がいる
デジハリ・オンラインスクール【通信】
スクールホームページへ

Webライターについてさらに詳しく>>

難易度の低い在宅ワーク

データ入力やシール貼り、アンケート回答などさらに気軽にできるお仕事もクラウドソーシングサイトでは受注できます。
しかし単価はかなり安く、頑張ってもちょっとしたお小遣い程度…といった内容も多いです。月に数万円稼ぎたい!と考えている方は、スキルを身につけた方が収入もアップしますし、身につけたスキルは一生ものです。

新型コロナウイルスや戦争、インフレ、自然災害など、今まで当たり前だった日常が一瞬で失われてしまうようなことが世界で起きており、今後起きないとは言い切れません。
今のうちに何か稼げるスキルを手に入れておくと、何かあった時に自分自身や家族を助けることができるのではないでしょうか。ぜひ、一歩踏み出してみてください!

◆主婦資格ナビ「在宅ワーク」おすすめコラム
>>在宅ワークにおすすめの仕事って?スキマ時間のプチ稼ぎに役立つ資格
>>在宅ワーク入門セミナーに潜入してきました!

◆【関連サイト】学ぶ働くナビ「在宅ワーク」おすすめコラム
>>在宅ワークとは?仕事の種類・未経験からの始め方・役立つ資格スキルを紹介!
>>在宅ワークのメリット・デメリットは?向いている人と向いていない人の特徴について解説!
>>在宅ワークで安定収入・高収入を得る方法、役立つ資格スキルを紹介!


主婦資格ナビ > コラム > 主婦が稼げる!経験者に聞く在宅ワークの種類・収入・メリット・デメリット
タイトルとURLをコピーしました